みんなで知ろう、不妊症不育症のこと

子どもを望む男女にとっては、
不妊症は誰にも普通に起こりうること。
例えば、不妊治療をしているときには、
急な受診などで心身に負担がかかることも。
家族や職場など、周囲の人が理解することが支えになります。
だからみんなで知ろう、話そう。

漫画で知ろう!不妊症・不妊治療 A to Z
漫画で見る
動画で見る

不妊治療の経験者と専門家に
学ぼう、話そう!

妊娠・出産や不妊症などの基礎知識
「他人事」にしない、不妊症と不育症への向き合い方とは

人と比べて落ち込んだけれど、二人の人生も見つめ直せた――
不妊治療を経て見えた景色

「妻だけを病院に行かせたくなかった」不妊治療に取り組む男性の気持ちとは

仕事と不妊治療の両立、なぜ難しい? “十組十色”の経験から見えてきたこと

多様化する女性の生き方 子どもがいてもいなくても「自分らしく生きられるように」 くどうみやこさんの願い

まさかの「精子ゼロ」から、二人三脚の不妊治療へ お互いの体や心、向き合うことから

特別養子縁組の家族も、たくさんある家族の形のうちの一つ 自然に受け入れられる社会にしたい

妊娠は“共同プロジェクト” 話し合える関係性が支えになる

「大事なのはパートナーと心が通じていること」 矢沢心が不妊治療に臨む人へ伝えたい思い

不妊治療と仕事を両立できる時代へ、世界と国内の取り組み最前線

不妊症・不育症についての基本情報をわかりやすく伝える漫画の第1話から第3話までを動画化。
なかなか赤ちゃんが授からず一人で悩んでいた主人公が、とある学び場と出会うことで、
不妊症や不育症、不妊治療の基礎知識を学び、夫と二人で不妊治療に向き合っていこうと決意するまでのストーリー。

作:花咲ぺろり
監修:国立成育医療研究センター/NPO法人Fine

不妊症・不育症についての基本情報をわかりやすく漫画化。なかなか赤ちゃんが授からず一人で悩んでいた主人公のマナミが、とある学びばと出会うことで、不妊治療への向き合い方や当事者への社会的な偏見、産まないという選択もあることなどを学んでいきます。

作:花咲ぺろり
監修:国立成育医療研究センター/NPO法人Fine